解毒作用を高める

しじみには肝機能を高めるオルニチンが大量に含まれているため、肝臓に良い食べ物として筆頭に挙げられます。しじみといえば全国でもよく獲られる食材であるため、パスタや味噌汁などによく利用される貝です。こうしたしじみを普段の食生活で効率よく摂取することで、肝機能を大きく改善させることができるでしょう。しじみに含まれるオルニチンは、肝臓の持つ機能である解毒作用を高める効果があります。アルコールの摂取や喫煙、栄養バランスを考えていない食生活によって、肝臓は臓器の中でも酷使されることが多いものです。肝臓は沈黙の臓器とも呼ばれ、なんらかの病気を発症した場合にも異変を察知することは難しいため、気づいた時には手遅れとなっている場合も多くあるため、注意が必要なのです。普段の食生活から肝機能を高める食品を摂取することで、肝臓の負担を和らげ、こうした肝臓の病を避けることができるでしょう。肝臓に良い食べ物であるしじみを定期的に摂取することで、肝臓へのリスクを回避することができるのです。

オルニチンには、肝臓の主たる機能である解毒作用を補助するだけではなく、体の新陳代謝をアップさせる効果もあります。体の機能を高める成長ホルモンの分泌を促進させることにより、傷ついた体の修復にも高い作用をもたらすのです。成長ホルモンといえば、多くの人は子供が体を成長させるために必要なものと考えがちですが、大人になった場合にもこの成長ホルモンは重要な働きをします。傷ついた体組織を修復するため、細胞の成長を高める作用も与えるため、成長ホルモンの分泌が促進されれば、普段の生活で傷ついた内臓などの機能も回復させることができるのです。肝臓の働きを補助するだけでなく、傷ついた肝臓を回復させる作用を持つオルニチン、ひいてはしじみは肝臓とって非常に良い食べ物と言えるでしょう。